一重を卒業して二重になりたいのなら美容外科で施術を受けよう

サイトメニュー

抵抗が少ない美容整形

医者と看護師

傷を残さず目力がつけられる

昔と比べると美容整形が身近になったこともあり、以前よりも気軽にコンプレックスを解消できる時代となりました。それと共に、色々な施術方法が発案され、切らずにできる美容整形もたくさんあります。二重整形が注目されている理由には、切開して二重を作り出す切開法だけでなく、メスを使わずにできる埋没法という選択肢があることがあげられます。多くの女性は、二重整形をする以前から二重用ノリやファイバーなどを用いて自分で目細工を施し二重に見えるように工夫をしています。そのため、二重整形に対する抵抗感はさほど大きくありません。自分で行っている目細工を、メスを使わずに行える非常にありがたい施術だととらえる人が多いのです。女性が最もコンプレックスに感じている部位であり、整形で簡単に克服できるとなると注目されるのは必然といえるでしょう。メディアで活躍する芸能人やモデルも、二重整形をしていることをカミングアウトする人が多く、より注目度を高めていると言えます。二重にしてから自分に自信が持てるようになった、気持ちが前向きになったなど、ポジティブな意見が多く語られているのも多くの人が肯定的にとらえるカギとなっているでしょう。また、二重整形の料金がそれほど高くないことも、注目されている理由として考えられます。埋没法なら7万円から15万円、切開法なら25万円から30万円が相場です。特に、埋没法は少し頑張れば払えない金額ではありません。経済的に大きな負担を感じずに受けられる施術であるのも、注目される理由となります。
眠そうな厚ぼったいまぶたや、一重まぶたをきれいな二重にできる二重整形ですが、気をつけることがいくつかあります。まず、メスを使わない埋没法ですが、まぶたの裏側から糸で留めるだけという簡単な施術であるため、何かの拍子に糸が切れて元に戻ってしまうこともあります。保証期間の間であれば無料で再施術してもらえるので、施術を受けるクリニックはアフターケアのしっかりしているところを選びましょう。次に、メスを使わない埋没法では、幅広の並行二重にはできないことです。ナチュラルな二重になるのに向いている施術で、西洋人のようなぱっちりとした二重になりたいなら、まぶたを切開する切開法で施術する必要があります。しかし、埋没法は二重の幅が気に入らなければ糸を切って何度でもやり直せるものの、切開法は1度施術をすると二重の幅を変えることができません。二重の幅は時代によって流行り廃りもあるため、将来的に二重の幅を変える予定のある人は、埋没法で施術を受けるのがよいでしょう。そして、二重整形は簡単な施術であるとはいえ、医師によって仕上がりにも違いがあります。技術力の高い医師の方が仕上がりも美しく、より理想に近い二重になることができます。満足度の高い仕上がりにするなら、料金だけではなく医師の技術力を見極めるようにしましょう。カウンセリングを受けたときに、写真付きで症例を見せてくれたり、丁寧に説明してくれたりする医師なら信頼できます。必ず、複数のクリニックでカウンセリングを受け、総合的に判断するようにしましょう。