一重を卒業して二重になりたいのなら美容外科で施術を受けよう

サイトメニュー

施術で印象をアップ

目元

目元を整えて若々しい印象に仕上げます

近年二重整形を利用する人は増えており、気軽に整形する人も多いです。二重になると顔の印象が変わり、整形施術を利用すると患者に合わせた方法で目元をデザインすることができます。二重整形にもいくつか種類があり、何を重視するかや予算などによって選択することが可能です。手術のメニューには埋没法や二重切開法があります。目は第一印象を左右する大事な部位になるので、医師と相談しながら顔とのバランスを考慮したりデザインや幅などをアレンジしたりすることが可能です。患者に合わせた術式を使って魅力的な目元に仕上げることができるでしょう。埋没法は髪の毛より細い医療用糸を使ってループ状に埋め込むことができます。10分ぐらいで施術は終わり、傷や腫れ・内出血などを最小限に抑えることが可能です。プチ整形と呼ばれていて、幅広い世代の人が利用しています。簡単な方法で二重にしたい人や、腫れている期間を最小限にしたい人におすすめの施術で、切開法に抵抗があったり眼の上のたるみが気にある人が多く利用しています。所要時間は約10分で、局所麻酔を行いますが希望によってはマスク麻酔を使用することもあるでしょう。翌日より洗顔することができ、メイクに関して目の上以外は施術当日から行うことが可能です。目の上のメイクは翌日から行うことができます。顔を濡らさなければシャワーは当日から行うことができ、翌日からは通常通り利用することが可能です。クリニックによっては抜糸することがなく、中には内出血や腫れる人もいますが2〜3日するとましになるでしょう。
二重整形において切開法を利用するとまぶたの腫れなどを解消することができ、美しい二重に整えることが可能です。元の状態に戻りにくい方法で、まぶたの脂肪も一緒に除去することができます。理想のラインに従って切開し、同時にまぶたの脂肪を取っていきます。パッチリとした二重に仕上げることができ、目を閉じても施術を受けたとは気付かれません。特にくっきり二重にしたい人や永久的に二重を維持したい人におすすめで、所要時間は約1時間です。局所麻酔を行いますが、希望によって静脈麻酔やマスク麻酔などを利用することができます。洗顔は目の上以外翌日から行うことができ、4日目以降傷口をこすらなければ大丈夫です。メイクは目の上以外当日から行うことができ、顔を濡らさなければ当日からシャワーを行うことができます。入浴や先髪は治療後4日目から傷口をこすらないよう気をつけながら行いましょう。抜糸は5日〜1週間後に行われることが多く、人によっては内出血や腫れることもありますが1週間〜2週間ぐらいで元の状態に戻ることができます。加齢によって衰えたり垂れ下がっている上まぶたの皮膚も一緒に取り除き目を大きくする方法もあります。まぶたや目の周辺は数えきれないぐらいまばたきを行ったり、目の疲れなどによって影響を受けやすい部位です。たるみやすい箇所の一つであり、二重整形を受けることによって埋もれていた二重がきれいに浮かび上がったり、若々しいイメージにしたりすることができます。目を閉じても施術を受けたとは分からないので便利です。